So-net無料ブログ作成

毛沢東 ミイラ [政治]

毛沢東 ミイラ


中国の半日デモで度々テレビに映る毛沢東の写真がありますが、毛沢東は死した今でもミイラで保存されています。


毛沢東のミイラが保管されているのは北京の天安門広場にある毛主席記念堂内に安置・保管されています。


毛沢東(1893年12月26日~1976年9月9日)は中華人民共和国の初代主席を務めた人物です。


200px-Mao_Zedong_portrait.jpg


中国共産党の創立党員の一人で、日中戦争で指導権を握って1945年から中国共産党中央委員会主席を務めました。


その後毛沢東は、国共内戦(蒋介石率いる中華民国の国民革命軍と毛沢東率いる中国共産党の中国工農紅軍の内戦)で蒋介石率いる中華民国を台湾に追いやり、中華人民共和国を建国し、死去するまで中華人民共和国の最高指導者として君臨しました。


反日デモで日本のお店や日本車などが壊されている中、メディアが「このデモは反日という名の下におこなわれている政府への不満を表しているデモだ」という背景の一つに、度々毛沢東の写真が持ち出されていることがあります。


それは、中国では毛沢東の死後、経済の発展はしたものの、それによって貧富の差が目に見えて拡大しており、困窮している人たちが「毛沢東は平等社会を目指した」と信じて、平等の象徴としてデモで写真をかざすことで、現政権に対する不満を反日デモにまぎれさせてアピールしているのだというのが根拠とされています。


また、ミイラは社会主義国において、過去の指導者を神格化する目的で生成されることが多く、ミイラ化して民衆に公開することがあります。


近年(?)では、レーニンやスターリン、毛沢東をはじめとして、ホー・チミン、金日成、金正日などがミイラ化されていることが知られています。


実際には毛沢東のとった政策・思想には賛否のあるところですが、タイム誌の選ぶ「20世紀の重要人物100人」に選ばれています。


あなたは毛沢東のミイラ、見てみたいですか?


~ 毛沢東 ミイラ ~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
アフィリエイトで成功させる為には

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。